« 読むと胸が痛む携帯開発現場@横須賀 | Start | Saint October・第22話 »

のだめカンタービレ・第19話

さあブラ1だと思って今回の話を見始めたら、もうフィナーレ。せめて第一楽章の冒頭も聴かせてくれよ~。で、細かい事を言うとこのフィナーレは私の好みではなかった。なんかテンポの動きが合わなかった。こう流れて欲しいと言うのとずれるんだ。とまれ大川がブラボーの口火を切る様な大成功。これで次の公演もやろうと言う話になって来る。

成功のご褒美としてのだめから千秋に贈られたのは例の催眠療法による飛行機恐怖症の克服。成程、あれは子供にはきつい体験だったな。でも親子連れなのに子供が窓側に座らなかったのか? のだめの催眠療法が効くってのも凄いなあ。本を読みながらだよ。永遠に眠りから覚めなかったらどーすんねんw

とにかく、のだめの催眠療法のおかげで北海道へのフライトが出来た千秋。でものだめの施術は千秋を北海道に飛ばせるだけじゃなく、カニだのウニだのをのだめにおみやげとして買って帰る暗示までかけていた。のだめ、抜け目のない子w

沢山の北海道土産(しかも生鮮品)を抱えてのだめを探し回った千秋はハリセンの家でのだめを発見。それにしてもハリセンの奥さんやけにかわいいじゃないか。38歳だよ。まるであずまんが大王の木村先生の奥さんを見る様な感じだ。
参考資料:
参考資料:

|

« 読むと胸が痛む携帯開発現場@横須賀 | Start | Saint October・第22話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/15282216

Folgende Weblogs beziehen sich auf のだめカンタービレ・第19話:

» (アニメ感想) のだめカンタービレ 第19話 「Lesson19」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
のだめカンタービレ VOL.3 (初回限定生産) 観客の拍手はなりやまない・・・。全霊をこめた千秋の指揮、そしてそれに応えたRSオケのメンバー達の演奏は人々の心を揺さぶった。頬を伝う涙・・・のだめも、そんな若き才能達が奏でる音楽に圧倒された一人だった・・・。... [Mehr erfahren]

verlinkt am 08. Juni 07 um 23:38

« 読むと胸が痛む携帯開発現場@横須賀 | Start | Saint October・第22話 »