« ときめきメモリアル Only Love・第2話 | Start | ゴーストハント・第2話 »

やっちゃった北朝鮮をどうするか

北朝鮮が核実験をしたと発表し、各国が人工的な爆発による地震波を捕らえた、と言うのはもう既に周知の事で、現在国連で北朝鮮制裁について詰めの交渉が行われている所だ。

ただ国連で何を言われようとそれによってどうこうする国でない事は確かだ。

では北朝鮮に核兵器を放棄させるにはどうしたらよいか?
質問の仕方を変えるなら、北朝鮮と言う危ない国が核兵器を持っている事態を解消するにはどうしたらよいか?

その答えは一つしかなく、北朝鮮の体制を崩壊させるしかない。
口約束がこの国にとって何の意味も持たないのはこの核実験に至までの歴史を見れば誰にでも明らかである。北朝鮮は国としての存立を担保する物として一貫して核兵器と核兵器運搬手段としての弾道ミサイルの開発を推し進めてきた。だから表面で核開発を中止したと言ってもそれは止められる筈のないものだった。この方針は北朝鮮の先達となったソビエト連邦と中共が、特に中共が、何を犠牲にしても核兵器を保持しそれをアメリカに打ち込める様になる事で国としての存在する事を確立すると言うのを忠実に見習っている。核兵器を持ちその運搬手段を持った国は、核に拒絶反応を示す人々がどう言おうと、それによって国際社会での力が向上し、外交上の力も1ランク上になるのは否定出来ない事実なのだから。

北朝鮮の体制崩壊を狙うなら、武力侵攻か完全なる経済封鎖を選ぶ事になる。武力侵攻のプレヤーはアメリカだが、その場合は中国(ここからは現時点の話なので中国)とロシアが口先ではアメリカを非難しつつも何も手を下さいと言うのが前提になる。だが、アメリカが北朝鮮を「解放」してしまった時にそれをそっくり韓国に渡すのかとなると、それは中国としては受け容れがたい。場合によってはアメリカと同時侵攻して北朝鮮を分割するのではないかとまで言われている。北朝鮮がこれ以上の暴走をした場合にはそれもあり得なくもない。

武力侵攻のケースはアメリカの動きに中国が引きずりこまれる事になるが、経済封鎖となると中国が無理矢理引きずり込まれる訳ではなく、大きな穴になる。また、経済的な行き詰まりでのクーデターによる「金王朝」の崩壊は首がすげ変わるだけで「危険な国が核兵器を持っている可能性」と言う事態にはあまり大きな変化がない。が、新政権が核兵器放棄を宣言するのだけは間違いないだろうし、今後の全面的な査察も受け容れるだろう。少しはマシな状態になる。

ともかく現時時点で国際社会が出来る事と言えば、どんな形であれ制裁措置を行うと言う事であり、それが厳しければ厳しいほど北朝鮮には有効である。


さて、冒頭の質問は「北朝鮮と言う危ない国が核兵器を持っている事態を解消するには」と言う視点からのもので、北朝鮮の体制を今必ず崩壊させなくてはならないと言う事を言っているのではない。

北朝鮮の核兵器がテロリストに渡る危険性と言うのは全世界的に共通の脅威だが、それはそれとして日本の直接的脅威についてどうするかと言う事である。北朝鮮が核実験をしたと言うニュースが流れた時にTV局が流した「街角のインタビュー」では「近くの国が核兵器を持ったなんて怖い」と言う意味合いの答えが沢山あったが、北朝鮮ほどのいかれた国ではないにしても西側自由主義の価値観とは違う価値観で動く中国と言う国がとっくの昔に核兵器と弾道ミサイルを持っていると言う事を頭の中で封印しているのには驚かされる。それが別の形で脅威として国民の意識に上ったのだから今回の件はこれだけの面では功績があった。

対抗手段としては1つは弾道ミサイル迎撃システムの構築に全力をあげる事だ。国会で社民党の議員が「弾道ミサイルを打ち落とす事などできる訳が無く、開発は無意味」と発言しいていたのを聞いたが、流石売国政党だ。日本に無意味と思わせて何の抵抗手段も作らせないで中国・北朝鮮の脅威をそのままにする為の努力は惜しまない。過去の軍事技術で「出来る訳がない」と思われた物はいくらでも実現できている。100歩譲って実はそれ程有効な迎撃システムが出来なかったとしても「出来た」と言い張るのは有効なメッセージだ。殴っても絶対反撃が来ないと言う相手と、殴ってももしかしたら全然効かないのではないかと言う相手とでは態度が変わってくるのは自明だ。ところがこの期に及んでもPAC3の導入を阻止しようとする連中がいるのだから驚きだ。頭がいかれているのでなければ中国や北朝鮮の手先としか思えない。

迎撃システムの様な金を喰う対抗手段とは異なる別の手段と言うと、それは日本の核武装である。先ほどの例で言えば殴ったら必ず殴り返してくる相手になる事だ。他の手段が何一つ出来なかった場合の選択肢としてありだと思う。この件に関しては北朝鮮の核実験が「まずいな、日本が核武装する口実を与えてしまった」と言うこれまた頭のいかれた反応を示す(いかれてなかったらこれまた北朝鮮の手先w)人間もいるが、そうならない為には「北朝鮮が核兵器を持っている」と言う事態解消が必要である。そちらを先に心配して貰いたい。

PAC3に反対する連中・日本の核武装を先に心配する連中・そして「まずは対話を」と言う連中、どう見ても利敵行為を旨としている人々としか思われない。


今朝のズームインで辛抱次郎が露骨に言っていた「この時点で話し合いをと言ってる人達は北朝鮮に利する事を狙っている人達です」
こいつはいつもはっきり言うヤツだなあw

|

« ときめきメモリアル Only Love・第2話 | Start | ゴーストハント・第2話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/12235582

Folgende Weblogs beziehen sich auf やっちゃった北朝鮮をどうするか:

« ときめきメモリアル Only Love・第2話 | Start | ゴーストハント・第2話 »