« ゼロの使い魔・第2話 | Start | 更新を再開 »

YouTubeは時代のあだ花となるのか?

フジテレビラボLLCの「ワッチミー!TV」が本日の正午に始まる。(参考記事:フジテレビラボLLCの動画共有サイト「ワッチミー!TV」、ベータ版サービス開始(CNET))YouTubeの様な著作権無視動画の巣窟になるのを避けるべく「事前審査」付きでupload出来る動画共有サイトと言うふれこみのアレだ。

開設当初はそれなりの数の動画を揃えなくてはならないので当然の事ながら運営側が用意する動画がある程度提供される。「同時に、ワッチミー!TVが独自に企画したコンテンツの配信も行う。」と言う部分だ。と同時にサクラも沢山用意されているだろう。魔法の様に素早く審査され魔法の様に出来の良い「素人動画」が当面uploadされると思われる。そして嘘の様にView数が伸び、クチコミの雄たるブログ界で言及記事が書かれ話題が話題を呼ぶ循環に。嗚呼、 Web2.0万歳!w

果たしてそのまま突っ走れるだろうか?
いや、私はそうは思わない。
結末は1ch.tvと同じ道を辿ると思われる。

何故かと言えば、前にもどこかで書いたが面白いと思う投稿動画は著作権的にグレーなもの(と言うか真っ黒なwもの)だからだ。YouTubeがどうしてあれだけ人を集めているかと言えばそう言う動画が溢れているからだ。幕僚日誌Ⅲさんが言うところの「愛のYouTubeは楽しき無法地帯」だからだ(やっぱ、元ネタは「悲しき熱帯」?)。

だが、見ている分には「楽しき無法地帯」ではあるが「犯罪者の巣窟」である事も否定出来ない。YouTubeに著作権無視動画をuploadしている人々への憤りの声をこちらのニセモノの良心さんのYoutubeに不正映像上げてる奴らを排除しろ!を見て欲しい。

私としてはそう遠くない未来にYouTubeの破綻が来ると思っている。破綻の方法は色々ある。当初から言われているのがビジネスモデルで、一体どこからどれだけの売上を得ているのか分からないが、サーバは安物のPCを横に何台も並べる事でしのげるにしても毎月の回線料を一体どうやって払っているのか不思議だ。だが、これより先に来そうなのが著作権者の中のどこかが「YouTubeは有効な著作権保護対策を怠っている」と言う訴訟を起こし(Napstarのアレ)、サイトそのものの存続を否定されるか、或いは上述のワッチミー!TVと同じ形態に堕するかどちらかが訪れると思うのだ。それが「YouTube」の最期だ。

と言う訳で、私の結論としては「YouTubeは時代のあだ花となる」だ。
いま、この時、を楽しむしかあるまい。
今しかないぞw

|

« ゼロの使い魔・第2話 | Start | 更新を再開 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/10908359

Folgende Weblogs beziehen sich auf YouTubeは時代のあだ花となるのか? :

« ゼロの使い魔・第2話 | Start | 更新を再開 »