« ガラスの艦隊・第1話 | Start | 将来の遠近両用レンズ »

鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい

何日か前にRSSリーダーでこのスレの事をキャッチしてこんな事が本当にあったのかと思ったままにしておいたのだが、これに関する議論がまだまだ続いていたのには驚いた。

2ちゃんねるの生活全般板に書かれたこの書き込みが発端らしい


802 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/10(金) 17:32:24 ID:s2RHsW2o
上にコレクションについての話がありましたけど
私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした
鉄道模型でしたけど
 
かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)という感じでした
結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが
毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい
留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました
 
帰ってきた夫は「売り払ったお金は好きにしていい」「今まで迷惑かけててごめん」と謝ってくれました
残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです
 
でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました
会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり
今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって
 
あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが
夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい
かえって私が苦しくなってしまいました
 
これだけ夫のものがないと夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです
こういう場合ってどうしたらいいんでしょう

バカジャネーノコイツ
お前は鉄道模型と一緒に夫の心まで捨てたんだよ!

と言ってしまうのは簡単なのだが、他人の趣味を理解できる人とできない人が居る事は確かで、趣味を持っている人間はその趣味を捨てない限りにおいて趣味を理解できない人間と同居生活などしちゃいかんよ。

どっちか捨てろ

価値観の合わない人間との同居は辛いぞー。
一人暮らしが一番だよ、趣味人は。

|

« ガラスの艦隊・第1話 | Start | 将来の遠近両用レンズ »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/9455044

Folgende Weblogs beziehen sich auf 鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい:

« ガラスの艦隊・第1話 | Start | 将来の遠近両用レンズ »