« 2月22日は竹島の日 | Start | 永田は「温存しろ」 »

竹島の日から目を背ける人々

さて、今日2月22日は竹島の日なのだが、この竹島の日にあたって全国紙がどんな社説をあげたかと言うと

讀賣
[官製談合再逮捕]「とうとうゼネコンも浮上した」
[竹島の日]「主権の問題を県まかせにするな」

朝日
住宅耐震化 小さな補強が命を救う
介護殺人 一人で悩ませない対策を

毎日
社説:京都議定書1年 悲観的な話ばかりではない

産経
【主張】国語教育 知にふたをする漢字制限
【主張】竹島の日 固有の領土を銘記したい

讀賣と産経は領土問題・主権問題を国が放棄して自治体に任せるべきではない、正面から取り組めと言う物。一方の朝日と毎日は竹島問題からは逃げた形になった。もっとも竹島の日で韓国が強烈な反応を示せば翌日以降の社説で登場する可能性は無いとも言えない。

一番情けないのは「国」で、讀賣と産経の社説でも書かれている様に害務省は今回もまた無為無策。日本国の役に立たないばかりか国益を損なう外務省は一度解体して出直しをして貰いたいものだ。

いっそアメリカの国務省に業務委託したらどうだ、外務省(嗤

|

« 2月22日は竹島の日 | Start | 永田は「温存しろ」 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/8780357

Folgende Weblogs beziehen sich auf 竹島の日から目を背ける人々:

« 2月22日は竹島の日 | Start | 永田は「温存しろ」 »