« 天声人語がドイツを侮辱 | Start | 日本一の恥知らず男・参議院議員長谷川憲正、新党日本が破綻したら国民新党に復党 »

衆議院選挙が終わって

第44回衆議院選挙は小泉自民党の圧勝で終わった。色々な物が変化した選挙だった。得票数の割に自民党と民主党の差が開いた事に今更文句を言う人がいるが、気持ちは分からなくもないがそれが小選挙区制の選挙だ。ちょっとでも勝った方が全取りをする。だから微妙な差で劇的な結果を生みやすい。この制度が導入される時当時の中小政党は頑強に反対したのはこの為だ。小選挙区で1位になる事は大政党でないと非常に難しく議席を得るのが不可能になるからだ。一方で当時の社会党は小選挙区を受け入れた。あわよくば一気に自民党政権をひっくり返す事が可能だからだ。小選挙区の劇薬を緩和するのが比例代表枠だ。こちらは得票数に応じた議席配分が行われる。

小選挙区比例代表並立制の制度が始まってこの劇薬が発動した事は過去3回は無かった。だが4回目にして初めてこの劇薬が発動した。野党にとっては皮肉にも政権政党である自民党の方に薬が効いた。

民主党は壊滅的な打撃を受けたが、逆に同じ効果を今後の機会に生かす事も考えられるだろう。その為にはもっと健全な政党になっていないとダメだ。どこかのアホウが「20代30代の低所得者層が「小泉いこーぜ」とお出かけになったようだ。」とかのたまったそうだが、そう言う層なのかそうでないのかは分からないがネット上の一部では「売国民主党」のレッテルは既に強固になりつつあり、あの宗教政党並に嫌われている。この選挙中に民主党岡田代表のCMが流れると実況スレでは「売国氏ね」のレスが次々と書かれている。民主党内にはその路線で行きたい勢力もあるだろうが、そうでない勢力は党を割って健全野党を立て直すべきだろう。

自民党も小泉に随分と壊された物だ。そのおかげで今回は勝ったが、小泉後にまた元に戻ったら今度はがたがたに負けるに違いない。だがどうせ戻るだろうから次の選挙は多分がたがただ。それにしても「新人は自民再生の象徴に=派閥入り「禁止」−小泉首相が指示」(yahoo)とは、もう福田総裁の頃から派閥解消派閥解消と何度も何度も言っては何の成果もあげてこれなかった自民党が一人の人間によってよくもここまで来たものだ。

|

« 天声人語がドイツを侮辱 | Start | 日本一の恥知らず男・参議院議員長谷川憲正、新党日本が破綻したら国民新党に復党 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/5921212

Folgende Weblogs beziehen sich auf 衆議院選挙が終わって:

« 天声人語がドイツを侮辱 | Start | 日本一の恥知らず男・参議院議員長谷川憲正、新党日本が破綻したら国民新党に復党 »