« 人生ゲーム M&A | Start | 7月期アニメ新番組投票御礼 »

女児殺害犯が法廷でフィギュア放棄を迫られ泣き出す

高崎の小1女児殺害:人形に異常な執着 野木被告、放棄迫られ泣き出す /群馬(yahoo.co.jp)

色々つっこみどころがある内容なのだが、

このやりとりを傍聴していた被害女児の母親は、野木被告の態度に憤った様子で、傍聴席から駆け足で退出した。

余計な要求を被告に突きつけたせいで嫌な物を引きづり出してしまった様だ。愛児とフィギュアを同列に扱われて激しく不快な気持ちになったのだろうが、人間にはそれぞれ相互に理解しがたい価値観がある。図らずもそれを招いてしまった。この記事の最後の方で『最終的に人形の放棄を承諾した野木被告は「くそっ」と漏らしたままうつむきおえつした』とある。これは禍根を残すやりとりで、野木被告が死刑にならず刑期を終えた場合は報復の可能性すらある。
 
被告の作った『フィギュア』を

作ってたのかw
まあ、作る人はそれほど異例ではないが、一体こいつはどんなのを作ったのだろう。

|

« 人生ゲーム M&A | Start | 7月期アニメ新番組投票御礼 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/5074954

Folgende Weblogs beziehen sich auf 女児殺害犯が法廷でフィギュア放棄を迫られ泣き出す:

« 人生ゲーム M&A | Start | 7月期アニメ新番組投票御礼 »