« こみっくパーティー Revolution・第7話 | Start | いちご100%・第7話 »

失語の国のピアノマン

1ヵ月半無言の身元不明の青年、突然ピアノを弾きだす=英国(livedoor.com)

一ヶ月半前に保護されて以来、無言だった青年が紙と鉛筆を渡したら精緻なピアノの絵を描き、試しにピアノの前に座らせたら鮮やかにピアノを弾き出したと言う記事。

つまりはこれじゃないのか↓

失語の国のオペラ指揮者―神経科医が明かす脳の不思議な働き
ハロルド クローアンズ Harold Klawans 吉田 利子
早川書房 (2001/02)
売り上げランキング: 181,192
通常1~2週間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 事実は小説より―。
5 エッセイ調に惑わされるなかれ

絵や音楽を処理する部位と言語を処理する部位は大脳では別々の場所だから。

|

« こみっくパーティー Revolution・第7話 | Start | いちご100%・第7話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/4176555

Folgende Weblogs beziehen sich auf 失語の国のピアノマン:

» ピアノマン [TALKING SEQUENCE]
先月4日、黒のスーツと黒ネクタイ姿でずぶぬれになった青年がイギリスを歩いていたところを保護されたそうです。青年は一ヶ月半一切しゃべっていないのです。ところが病院の人が名前をかかせようと紙と鉛筆を渡すとピアノを紙にえがき、ピアノの前につれていくと白鳥の湖やジ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. Mai 05 um 00:00

» ピアノマン [TALKING SEQUENCE]
先月4日、黒のスーツと黒ネクタイ姿でずぶぬれになった青年がイギリスを歩いていたところを保護されたそうです。青年は一ヶ月半一切しゃべっていないのです。ところが病院の人が名前をかかせようと紙と鉛筆を渡すとピアノを紙にえがき、ピアノの前につれていくと白鳥の湖やジ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. Mai 05 um 00:02

» ピアノマン [TALKING SEQUENCE]
先月4日、黒のスーツと黒ネクタイ姿でずぶぬれになった青年がイギリスを歩いていたところを保護されたそうです。青年は一ヶ月半一切しゃべっていないのです。ところが病院の人が名前をかかせようと紙と鉛筆を渡すとピアノを紙にえがき、ピアノの前につれていくと白鳥の湖やジ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. Mai 05 um 00:04

» ピアノマン [TALKING SEQUENCE]
先月4日、黒のスーツと黒ネクタイ姿でずぶぬれになった青年がイギリスを歩いていたところを保護されたそうです。青年は一ヶ月半一切しゃべっていないのです。ところが病院の人が名前をかかせようと紙と鉛筆を渡すとピアノを紙にえがき、ピアノの前につれていくと白鳥の湖やジ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. Mai 05 um 00:06

» 続・PianoMan [先の尖っているやつ]
「ピアノマン」の身元、依然判明せずだそうだ。 色んな説が流れているけど、モノへの異常な執着度や、背広のマークを切り落としてしまっているなどの特異な症状から、自閉症の感じもするな。 Mr.Nobodyとして芝居を打っているとしても、2ヶ月も大芝居をしていることになる... [Mehr erfahren]

verlinkt am 21. Mai 05 um 17:39

» ピアノマン = 高村士郎 [##masyの思いきり気儘な人生##]
★ただいま世間を騒がせている「ピアノマン」 先日カミさんが言い出した。「高村士郎 [Mehr erfahren]

verlinkt am 22. Mai 05 um 19:21

« こみっくパーティー Revolution・第7話 | Start | いちご100%・第7話 »