« AdobeがMacromediaを買収した件について | Start | こみっくパーティー Revolution・第3話 »

大山鳴動して堀江一匹

どう堀江一匹が出てきたかと言うとこれ↓
フジテレビとの和解を受けたライブドアの一発ギャグ(やじうまWatch 4/18記事)

やじうまWatchにもある様に時間限定だった為、私も昨晩見に行った時は既に無くなっていた。ただ、世評は芳しくなくライブドアのページがこうなっていると言うのを知るきっかけになった2ちゃんねるのスレ(もう存在せず)では「気持ち悪い」だの「悪趣味」だのの書き込みが圧倒的だった。当然いつまでもさらす物ではないので時間限定だったにせよ不評を察知して早々と引っ込めたのかもしれない。ずいぶんと短時間であったから。

やじうまWatchではアニメーションGIFにはなっていないが、見逃した人は今ならまだここにある。↓
http://image.livedoor.com/img/top/cx/01.gif
ネット上ではすかさず最後の堀江社長が頭の上で腕を揃えてる所に手錠をはめているコラが出回っていた。


今回の騒動でフジは最終的な目標は達成出来たとは言え、損得勘定で言えば一方的に損をしている。余計な出費と余計なイメージダウンを伴ったからだ。一方のライブドアの損得勘定は少なくとも短期的に見ればまあまあ得をしている。一応投じた金額以上の金は回収したし、名も売れた。売れた名には悪名まで含まれているが。むしろ何一つ得る物が無く損をしたのはライブドアの株を持ってる人間だ。少なくとも次に堀江社長が何かをしかけて株価が一時的に上がるまで保持し続けるしかあるまい。昨日の時点では2/7の株価よりも100円も下げているのだから。
ライブドアの損得勘定に関してはこの記事がおもしろい↓
<ライブドア>ぎこちない「和解」 堀江氏「想定範囲」強調(yahoo.co.jp)

日本の他の企業にとっては他山の石となったろう。


ところでこの70日間戦争の間に出て消えていった以下の件はどうなった?

・ニッポン放送株を高値で買ってしまいその直後の暴落で「なんだこら?ぁあ」になった人達
・フジのTOBに応じた東京電力に株主代表訴訟した人
・大和証券SMBCに売ったニッポン放送の株を返せと訴えた鹿内

他にも色々あった様な

|

« AdobeがMacromediaを買収した件について | Start | こみっくパーティー Revolution・第3話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/3763175

Folgende Weblogs beziehen sich auf 大山鳴動して堀江一匹:

« AdobeがMacromediaを買収した件について | Start | こみっくパーティー Revolution・第3話 »