« こみっくパーティー Revolution・第2話 | Start | いちご100%・第2話 »

中国はお付き合いに値する隣人ではない

謝罪・賠償を事実上拒否=反日デモ「日本が反省すべき」-中国(yahoo)

自分の隣の家の人がある日トチ狂ってこちらに投石して自分の家の窓ガラスを割っておきながら「お前の日頃の態度が悪い。これはその報いだ。弁償などしない」と言ったらどう思いますか?

しかも、それが今回だけでなく以前に何度もあったり、ひどい時には勝手に自分の家の庭に侵入してきて外に出て行ったり、こちらの井戸めがけて井戸を掘って水を吸い上げたりする様な隣人だったら?


こんなごろつきとは到底付き合える訳が無い。譲歩をすれば譲歩をしただけつけあがってこちらの物を侵害してくる。そんなごろつき以外に付き合う相手を選ぶべきだ。


それなのに相も変わらずこちらも悪いとか言うバカ者が居る。

八方ふさがりの日本外交 小泉首相の責任は重い(朝日社説)

十年一日のごとく中国の暴虐を小泉の靖国参拝になすりつけようとしている。だが、靖国に参拝した日本の総理は小泉だけではない。大平以前など中国は何も言ってこなかった。過去にそうでなかったものが今問題になるとしたら、それは別の要因があるからだ。だから「根底には首相の靖国参拝」などとは大間違いも甚だしい。中国が強請りのネタに言っている事をそのまま朝日が代弁しているにすぎない。

大体朝日は小泉が靖国参拝をやめたら、東シナ海で中国が日本のガス田からガスを横取りしたり、中国海軍の潜水艦が日本の領海を侵犯したりする行為を止めると思っているのか? 止める筈がないではないか。上記の行為はどう考えても首相の靖国参拝と関連づけが出来ないのだから。

だから根底は中国自身にある。

中国の内政問題を日本への憎悪にすり替えてしかも強請りのネタにしている政策と、それを知っていながら日本を売り渡す新聞社が態度を改めない限りこの問題は収まる訳が無い。

|

« こみっくパーティー Revolution・第2話 | Start | いちご100%・第2話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/3681374

Folgende Weblogs beziehen sich auf 中国はお付き合いに値する隣人ではない:

« こみっくパーティー Revolution・第2話 | Start | いちご100%・第2話 »