« フィラデルフィア管弦楽団創立100周年記念ガラコンサート | Start | ふしぎ星の☆ふたご姫・第5話 »

サッカー日朝戦が第三国開催になった事について、明日の朝日の社説が予想されている件について

サッカーアジア最終予選の日朝戦が第三国開催となった。これに絡めて朝日がどんな社説を書いてくるか予想されている。

558 名前:明日のバカヒ社説 投稿日:2005/04/29(金) 23:47:28
小泉首相 今こそ真の友好の好機
 
 残念な結果だ。FIFAは昨日、6月8日に平壌で行なわれる予定だったアジア最終予選北朝鮮対日本戦の試合を第三国・無観客で行なうことを正式に決定した。核問題等で国際的孤立を深める北朝鮮にとってこの決定は、更に孤立に追い討ちをかけるものになり兼ねない、とても危険なものであると言わざるを得ない。
 北朝鮮が孤立を深め国際社会との接点を失うことは東アジアのみならず、全世界にとっても不利益となるであろうことは想像に難くない。当然、我が日本にとっても歴史的に深いつながりを持つ北朝鮮との関係がこれ以上ギクシャクとする事態は避けたいところだ。更にここ連日報道を賑わしている韓国・中国における反日デモについても多くの日本人は心を痛めていることだろう。
 
567 名前:明日のバカヒ社説2 投稿日:2005/04/29(金) 23:49:37
 小泉首相には、是非このピンチを真の友好の好機と捉え、FIFAに対し北朝鮮での開催を働きかけるべきであると提案したい。先日平壌で行なわれた対イラン戦での騒動も、元を辿ればかつて日本が行なった植民地支配と決して無関係ではないと言えるからだ。北朝鮮のサポーターの心の中には、いまだ日本の統治支配時代にうけた傷跡が深く残っている。その傷跡を癒す責任は当然我々日本人が等しく負うものであるものではないだろうか。そしてそれは北朝鮮一国に対して負うべきものではなく、かつて日本が苦しめたアジアの国の方々全てに負わなければならない。
 戦後60年目の節目を迎える今年こそ、真の平和国家として過去の歴史と正面から向き合い、小泉首相には心からの謝罪を期待したい。
(平成17年4月30日のバカヒ社説より)
 
569 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2005/04/29(金) 23:49:42
>>558
靖国をからめろ
 
575 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2005/04/29(金) 23:50:59
>>558
あの定型句が入ってないよ
冒頭で北の行為をとがめるふりをしつつ、中盤でお約束の一言
「しかし、だからと言って」で後半真逆の主張を展開するのがアサピー的様式美


もう完全にパターンが読まれている朝日社説w

|

« フィラデルフィア管弦楽団創立100周年記念ガラコンサート | Start | ふしぎ星の☆ふたご姫・第5話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/3913872

Folgende Weblogs beziehen sich auf サッカー日朝戦が第三国開催になった事について、明日の朝日の社説が予想されている件について:

« フィラデルフィア管弦楽団創立100周年記念ガラコンサート | Start | ふしぎ星の☆ふたご姫・第5話 »