« スクールランブル・第12話 | Start | tactics・第12話 »

李登輝氏が戦争メーカーぁ?

日本政府が台湾の李登輝前総統にビザを発給した件に対して、さっそく中国が恫喝を開始。中国の王駐日大使は都内で開かれた会合の講演で「(李氏は)トラブルメーカーだけではなく戦争メーカーになるかもしれない。」と発言した。

「李登輝氏戦争メーカーにも」 中国大使、日本を批判 ビザ取り消し要求(yahoo.co.jp)


でも戦争しかけるのは中国でしょ?w


国民党政府が台湾に逃げた当時は「大陸反攻」を一応スローガンに掲げていたが、現在はどこの誰もそんな事があるなどとは考えていない。だから、開戦に至るケースは台湾が独立を正式に宣言するタイミングでそれを阻止しようとする中国が台湾に侵攻する時だ。中国が台湾を不可分の地域と認識するのは実は近代に入ってからで、明治の日本が台湾に漂着した琉球住民が台湾人に殺害された事件を清朝に問いただした時には「化外の地」と突き放した前例すらある。だから台湾が中国の一部と決めつける必要はない。

中国の領土欲は果てしない。そのうち、沿海州を返せと言ってくるよ>ロシア

|

« スクールランブル・第12話 | Start | tactics・第12話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/2338753

Folgende Weblogs beziehen sich auf 李登輝氏が戦争メーカーぁ?:

« スクールランブル・第12話 | Start | tactics・第12話 »