« tactics・第13話 | Start | くどいようだけど次回のスクールランブルは »

斯くて暮れゆく平成16年の年の瀬

バイロイト音楽祭も昨晩からいよいよ指輪4部作に突入し、神々の黄昏で年を越すのかと思うといよいよ押し迫って来たと感慨深いが、それ以上に今年もいよいよ終わりかと思わせるのが


冬コミだ


昨日はサークル参加前日だと言うのに未だ絵を描いていて、月詠第12話の制作スタッフの気持ちもかくやといやがおうにも分かってしまった気持ちになった。その影響で今朝は一度目覚ましがなったのに二度寝してしまい急いで出発。有楽町線に乗り込んだものの、時間を逆算するとサークル入場期限の9:00がぎりぎりで危うい。「ひょっとして私はもう既に詰んでしまいましたか?」と電車の中で絶望感に囚われてみたり、周りを見渡せば普通のコミケ出勤時間ならうじゃうじゃいるヲタががらーーーーんと全然居ないのを見て、「やっぱ、もうだめかもわからんね」などと鬱な気持ちになってしまって、昨晩のほんのちょっとの睡眠時間から行くと電車の中で爆睡しても良さそうなものが全然眠れないてんぱった状態のままひたすら国際展示場駅を目指すのであった。

新木場到着が8:33頃。急いでりんかい線のホームに行ったら8:39発の電車が待っていた。理論値で行けば未だ間に合う。流石にりんかい線にはサークル参加と思しき面々も居て少し気持ちが和らぐ。

国際展示場駅を出ると雨の降りしきる中、スタッフがゆっくり歩きながら大声で「サークル参加の人は、我々よりも先に行ってください。我々が到着次第、やぐら橋は閉鎖となります!」と叫んでいた。これでサークル入場に間に合ったのを確信したが、それでも逸る気持ちに乗って脚も早足にやぐら橋に向かう。

しかし、しかしだ、なんとさっき国際展示場駅の前に居たスタッフがあんな事を言っていたくせにやぐら橋のスタッフは「8:45を以てやぐら橋は閉鎖しました」と通さない。行き場を失ったサークル参加者は一旦ゆりかもめの駅に向かってそちらの陸橋を越え、バス乗降所に降りて、その先からようやくサークル入場出来たのだった。
疲れた。

こんなせっぱ詰まったサークル入場は初めてだ。もう二度とすまい。つーか、二度寝したのが悪いんだが。


そして今日はご存じの通り東京地方は雪だ、雪! なんでこんな日に雪が降るよ。サークルスペースに座っていると激しく寒い。だがもっと寒そうだったのは目の前を歩いていったプリキュア・ブラックの娘だ。あー、こんな日にへそ出して。もうちょっと後ならへその出ないコスになったろうに。


と思ったら13時すぎに場内アナウンスで「埼京線が新宿駅の信号機故障でストップ。りんかい線もストップ」との放送。場内ざわめく。 なんでこんな日に止まるよ。しЯ束氏ね。 さっそく携帯で2ちゃんねるの「首都圏列車障害情報」スレをチェック。うへ、運転再開するもりんかい線の直通運転中止なばかりか、ダイヤが乱れて国際展示場駅は入場制限実施中かい。


結局終了時刻の16時になっても改善の様子はなく、さっさと荷物を片づけた我々は腐ったとは言えそれでも一番の輸送力を誇るりんかい線に乗るべく国際展示場駅に向かった。列は出来てはいたがまあまあの動きでホームに入る事が出来、16:35頃の新木場行きに乗る事が出来た。あーど度疲れさん。

コミケ客も怒ったろうが、年に2回のもっともかき入れ時に客を相当数失った東京高速臨海鉄道も、しЯ束にはよりにもよってこんな日にと言う思いはあったろう。


その後首都圏列車障害情報スレを見返したら埼京線は結局今日は何度も信号トラブルを起こしたみたいだ。


さて、明日もお手伝いとは言えサークル参加。
早めに寝ておくか。


・・・あ、しまった!
バイロイト!
今日はヴァルキューレだ。もう第一幕始まってる。

|

« tactics・第13話 | Start | くどいようだけど次回のスクールランブルは »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/2409654

Folgende Weblogs beziehen sich auf 斯くて暮れゆく平成16年の年の瀬:

» コミックマーケット67レポート 1日目 [Notes On Notes]
 コミックマーケット67の1日目と2日目の両方参加した。以下は1日目のレポート。 [Mehr erfahren]

verlinkt am 31. Dezember 04 um 20:04

« tactics・第13話 | Start | くどいようだけど次回のスクールランブルは »