« 舞-HiME・第9話 | Start | マイニフティが始まった件について »

ローゼンメイデン・第8話

蒼星石のマスターは蒼星石を亡くなった(?)息子と思いこんでいるおじいさんか。おばあさんの方は寝たきりだし。どうやらその心を探し求めている様だが。翠星石はそんな所から逃げ出してきたのか。

契約はしていないとは言え、居心地の良いジュンの所へ蒼星石を連れて行こうとする翠星石。照れる場面が可愛い。だがそれを蒼星石が拒否した事で双子の間で悲しい戦いが。結局、翠星石は蒼星石を連れて行くのを断念するのだが、その隙をついて水銀燈がおじいさんに何やら吹き込む。

「お前がもっとかっこよくて、甲斐性があって、そうしたら蒼星石だってあんな老いぼれを選ばないのですぅ!」
そうじゃないのは分かっているだろ、翠星石。


かー。今回は時間が短く感じたし、来週まで待ちきれないよ。
蒼星石も老夫妻も心配だ。

|

« 舞-HiME・第9話 | Start | マイニフティが始まった件について »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/2077269

Folgende Weblogs beziehen sich auf ローゼンメイデン・第8話:

» ローゼンメイデン 第8話 感情を持たないただの抜け殻になっちゃう [いぬ日記]
● 現在、かっぱ橋道具街に生息しているバウ。地の利を活かし、はなまるハンバーグの型を探してみたバウ。花形星形大中小などなど、それっぽいのが、いろいろありすぎて... [Mehr erfahren]

verlinkt am 02. Dezember 04 um 11:34

« 舞-HiME・第9話 | Start | マイニフティが始まった件について »