« スクールランブル・第8話 | Start | tactics・第8話 »

バカが犯人像を決めつける

へなちょこ通信:へな通さんの所経由で対話も感情もない「萌え」のむなしさ― 犯人、楓ちゃんをフィギュア化 ―

邪推ってのはここみたいに個人のサイトで無責任にだらだら書いておくものであって、新聞の様な公器に書く物ではない。ああ、スポーツ紙は個人サイト並の扱いで良いのか?それにしては出回ってる量が多いが。

解剖結果から誘拐直後に殺害しているということは、犯人は一刻も早く少女をモノを言わないフィギュアにしたかったことは間違いない。

誘拐直後に殺害した犯人てのは全部フィギュア化したかったからか。それに間違いないのか。凄いな。フィギュアと言う物がこの世に現れる以前からそう言う誘拐犯と言うのが居た筈だが、そいつらは遙かに時代を先取りしていた訳か。

この人は個人サイト並扱いのスポーツ紙のみならず、TVでもこのお説を披露した模様だが、
キャプチャー画像など(いつまで残っているか不明)
「フィギュア萌え族」(仮)
新語を造ってご満悦の表情を浮かべている大谷昭宏。(修飾語は某捏造写真に捏造説明をした国や報道機関と同じ扱いでいいですw)


ただ、犯人が捕まって、実はフィギュアやCCさくらと無関係でも、「犯人の部屋」が捏造されそうで嫌だな。

|

« スクールランブル・第8話 | Start | tactics・第8話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/2050296

Folgende Weblogs beziehen sich auf バカが犯人像を決めつける:

» フィギュア買うと職質される日は果たして来るのか? [Notes On Notes]
 奈良で小学一年生が殺害された事件については、犯人の異常性というか残虐性、猟奇性 [Mehr erfahren]

verlinkt am 24. November 04 um 21:49

« スクールランブル・第8話 | Start | tactics・第8話 »