« 蒼穹のファフナー・第13話 | Start | 流星戦隊ムスメット・第1話 »

ブルーレイとHD、必死だな(プ

次世代DVDの座を巡るブルーレイ陣営とHD陣営のニュースがここの所目白押しだ。

次世代DVD、東芝・NEC陣営にエイベックス参加
次世代DVDに関する一部報道を否定=「態度未決定」―エイベックス
次世代DVD「ブルーレイ」普及へ新組織 フォックス参加で囲い込み本格化
(いずれもyahoo.co.jp)

消費する側としてはどっちでも良くて、最終的なコストが安ければそれでいい。

TDK、25GB容量の録画用ブルーレイディスク−地上デジタルハイビジョンを3時間録画可能(impress.co.jp)

と言う記事もあるが、SHARPのサイトを見ると(BS)デジタルハイビジョン録画では80GBで7時間録画と書いてある。IO DATAのRec-POTのサイトでも160GBで14時間と書いてある。地上波デジタルハイビジョンなら17時間らしい。本当に3時間入るんかい。仮に一番サイズを食うBSデジタルハイビジョンで計算すると、1時間で11.4GB消費する。25GBと言うサイズはこの場合2.2時間録画出来るサイズだ。
因みにHDの方は20GBだから、1.75時間(105分)の録画時間だ。

現在高い媒体としてDVD-RAMを例に取ると片面2時間の媒体が300円~400円で売っている。
一方、上記の記事によると録画用ブルーレイディスクは「店頭予想価格は3,300円前後の見込み」だそうで、今のDVD-RAMの10倍のコストかよ!

DVD-RAMですらコストが高くてそれへの録画は放棄したのに、そのさらに10倍ではとても使えない。もっとも出始めのメディアが高いのはいつもの事で、いつになったらどこまで値段が下がるかが問題だ。だが、この調子ではそれが1~2年後に訪れる気がしない。当面は録画して見たら消すと言うパターンが主流か。

最悪、D-VHSに落とすと言う手も無きにしもあらずだが(Rec-POTはD-VHSにmove出来る)、今更テープメディアには・・・


あ、と言う事で、どっちの陣営にどこのメディアソースが付くかなんて判断基準にしてないので、よろしくw
どうせ勝ち残った方には後からでもコンテンツが出てくるでしょ。

|

« 蒼穹のファフナー・第13話 | Start | 流星戦隊ムスメット・第1話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/1597335

Folgende Weblogs beziehen sich auf ブルーレイとHD、必死だな(プ:

« 蒼穹のファフナー・第13話 | Start | 流星戦隊ムスメット・第1話 »