« 忘却の旋律・第13話 | Start | 前から気になっていた嫌な言葉 »

北海道新聞が選挙期間中に世論操作

首相の「人生いろいろ」発言、3分の2が「不適切」-ネット調査790人(北海道新聞)

そりゃ私もあの発言を聞いた当時は「小泉、こいつ何言ってるんだ」と思ったし、今の時点でわざわざあの発言はどうだったかと聞かれれば、普通なら「どうかと思う」とか答えたろう。もっとも「北海道新聞ですが」とか言ってきたら「いや、あの発言は素晴らしい。感動した」と答えてやったかも知れないが。

あの年金未納騒動の頃にあった実に沢山の出来事の中でから1エピソードを一ヶ月近くも経ってからわざわざアンケートで取り上げたのは、「問題だ」と言う回答を引き出して世論操作を行おうとしている姿勢が明白だ。しかも選挙期間中と言うのが実に悪質である。

アンケートの全貌が書いていないからこれ以上の詳細は不明だが、民主党の岡田代表に関する質問は「期待するかどうか」だそうだ。小泉と同じ様に扱うなら「民主党前代表の菅直人が『未納三兄弟』と閣僚を嘲笑した挙げ句自分の年金問題を追及されたら週末をまたいで弁明に走り回った」のはどう思うか?位の質問をしたらどうか。でもそれはおかしいだろう?

つまりは、この項目は世論調査の名を借りた世論操作であると言う事だ。

ここで思い出すのがテスト問題に自分の意見を押しつける目的でわざわざ1問追加して、自分の考えにそぐわない生徒の回答を「低俗な例」としてさらしあげにした先日の愛知の教師の事件だ。
1問追加して、大衆を自分達の思う方向に持って行こうとする点に両者の共通点を感じる。

|

« 忘却の旋律・第13話 | Start | 前から気になっていた嫌な言葉 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/879159

Folgende Weblogs beziehen sich auf 北海道新聞が選挙期間中に世論操作:

« 忘却の旋律・第13話 | Start | 前から気になっていた嫌な言葉 »