« 忘却の旋律・第8話・鳴り響け私のメロス | Start | 萌えるアキバ »

DVDレコーダー故障対策

例によってアクセス解析していると、「RD-XS40 故障」という検索語彙でここに辿り着いている人がいる。
で、試しに「RD-XS40 故障」でぐぐると、ここの以前の記事がトップに来るじゃないか(ニガワラ

Googleで辿り着いてこれではあまりに申し訳ないので経験則による故障対策を軽く。

バックアップはすぐ取る
いや、当たり前なんだが、その当たり前がなかなか出来ない。でもやらないと痛い目に遭う。
RDシリーズを使っているが、DVD-Rに焼くと時間がかかる。DVD-RAMなら高速ダビングで少しは我慢出来る程度の時間でバックアップが出来る。
と言う事で、録画予約している番組毎にDVD-RAMを用意してとりあえずバックアップを取っている。DVD-Rに焼いたら初期化して再利用している。RAMとしてはなかなか相応しい用途になっているのではないだろうか。
因みに最悪の場合のバックアップデータなので(つまり永久保存用ではない)、Radiusの両面殻付きで700円未満と言う安物を充当している。この安物DVD-RAMを使う場合は自己責任て事で。30枚程度試したが、1枚だけプリキュアを2話コピーしただけでそれ以上記録出来ないメディアにぶつかった。代替セクタ絡みのブロックノイズの発生とかは全く検証していない。

故障したらすぐサポートに電話を
メーカーと地区にもよるかもしれないが、東芝に電話したら翌日さっそくやって来た。あらかじめ現象を事細かく話してあったので向こうもハードディスクがやられたなと見当を付けた為か、ちゃんと交換用のハードディスクも持参しておりその場で交換して修理は完了した(データは復活しなかったけどね)。
どんなものでもそうだが、故障時の電話はちゃんと向こうが分かる様に説明出来る準備をしておく事。
「故障しました」「動きません」だけでは何が起きているか分からない(コンセントが抜けているだけかもしれないじゃないかw)。

こうしたらこういうメッセージがでた(正確に)。
こういう手順で起きた。
今、こうやるとこうなる。

程度はちゃんと説明出来る様に。
特に、「こういう手順で起きた」は事件が発生したタイミングの話なのでその時に冷静になっていないといけない。

DVDレコは2台用意しておく(をい
これなら片方故障しても焦らなくて済むから安心だw

以下、RDシリーズ関係のお勧めリンク
東芝RD研究
RD-style 情報倉庫

|

« 忘却の旋律・第8話・鳴り響け私のメロス | Start | 萌えるアキバ »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/663021

Folgende Weblogs beziehen sich auf DVDレコーダー故障対策:

« 忘却の旋律・第8話・鳴り響け私のメロス | Start | 萌えるアキバ »