« 篠有紀子「高天原に神留坐す 1」 | Start | 遠藤淑子「空のむこう」 »

何時間働いていますか?

今、「日本帝国の申し子」と言う本を読んでいる。この本は要約すると韓国の戦後の高度成長は日本の植民地時代に醸成された礎によるものだと言うのをつまびらかにしているのだが、その考察対象として京城紡織株式会社(京紡)を取り上げている。

京紡は朝鮮人が資本家となって植民地時代に発展した会社である。
その京紡での労働者の生活という一節で「第一に、京紡の労働時間は途方もなく長かった。……京紡は十二時間ずつの二交代制……少女たちの実働時間は十一時間を超えていたのである。」と言うのがある。

で、本日のタイトルです。みなさん、何時間働いていますか?

十一時間働いている日はよくあったりしますが、何か?
しかも、京紡の少女たちは寮に入っているので、通勤時間がそうかかりませんが、私は片道1時間10分ほどかかりますが、何か?

つまり、世界でも屈指の経済大国になったと言うのに、労働時間だけ抽出して見たら帝国主義時代の植民地の工場の女工さん達といかほども変わっていないと言う事になりますか?

まあ、それ以外の労働条件が全然違うものの、何か変ではありませんか?

|

« 篠有紀子「高天原に神留坐す 1」 | Start | 遠藤淑子「空のむこう」 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/240467

Folgende Weblogs beziehen sich auf 何時間働いていますか?:

« 篠有紀子「高天原に神留坐す 1」 | Start | 遠藤淑子「空のむこう」 »