波よ聞いてくれ・第1話

札幌が舞台らしいと言うのだけは知っていた。冒頭でいきなり羆と対峙するラジオパーソナリティの鼓田ミナレ。札幌岳?あそこってそんな軽装で登れる山なのか?羆と睨み合いながらもパーソナリティを続けるミナレ。何かおかしい。そのうちにスタジオが描かれて、そう言う設定でトークしてるのだと分かる。恐ろしい程の入れ込みで喋りまくり、仮想の羆を倒すミナレだが、チーフディレクターの麻藤兼嗣からは「お前は毎回アドリブ部分で自分の心をすりおろして客に出すな」と言われた。

話は遡ったらしい。バーでミナレは兼嗣に向かって男にフラれたグチをまくし立てていた。兼嗣は完全に閉口していた。しかし後で分かるがこの時に兼嗣はミナレの才能を見出していたのだ。

飲んだくれた翌朝、ミナレはカレー店ボイジャーの勤務に遅刻して店長の宝田嘉樹からこっぴどく叱られた。三回遅刻したらクビの約束のこれが二回目だそうだ。カレー店で働きながら、ミナレは客に余計な事を喋ると言う点でも店長に叱られた。内輪ネタを話すな、ここは夢を売る店なのだからと。ミナレは内輪ネタの方がウケると思っていたのに。それに夢を売る店ならBGMも選べ、なんだこのラジオ放送の垂れ流しはと考えながら聞いていたら、記憶にある内容。

何と昨晩ミナレがバーでクダ巻いていた語りが、録音されて勝手にラジオで流されているのだ、あの失恋話を。血相を変えてミナレは藻岩山ラジオ編成局へ車を飛ばす。建物に駆け込んでディレクターの麻藤兼嗣に会わせろと息巻く。

スタジオに飛び込んでお前がーと兼嗣を睨むが、兼嗣からは3秒間音が途切れたら放送事故、8秒も無音なら俺のクビが飛ぶ。俺のクビを飛ばす覚悟があるなら、お前があそこに座ってみろと収録室に放り込まれ、背中を叩いてキューを言い渡されて、こうしてミナレはラジオデビューした。
参考資料

札幌が舞台のTV局漫画に佐々木倫子さんの「チャンネルはそのまま!」と言うのがあるが(ドラマにもなった。アニメにして欲しいw)、広い意味でこれは「周波数はそのまま!」みたい。楽しい。ミナレはウザいけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

LISTENERS・第1話

キービジュアルとか番宣でプラグを持ってる女の子が居て、そこにどうもアンプからのコードみたいなのを挿す様に見て、タイトルが「LISTENERS」だったので音楽系の作品なのかと思った。ちょっと違ったw

何だか分からないが、ガラクタが山の様にある土地。そこでエコヲ・レックは金になりそうな廃品を拾っていた。同志諸君!と叫ぶ命令者がその廃品を回収し、ノルマに達しない者には罰が与えられる。どこのソビエト連邦か共産主義国家かと思ったが、ここの村長らしい。

ある日エコヲは珍しい真空管みたいなのを見つけてそれを取ろうとしたら廃品の山が崩れる。落ちた先には女の子が埋もれていた。

家に連れて帰ったらその子は自分の名前も素性も全然覚えていない。しかしエコヲはしっかり見ていたのだ。その子の腰にインプットジャックがあるのを。

実はこの世界はミミナシと言う物に襲われていて、それと戦えるのは唯一プレイヤーと呼ばれる人間だけだった。プレイヤーはロボットの様な物を駆使してミミナシと戦う。インプットジャックがあると言う事は、すなわちプレイヤーだと言う事だ。

プレイヤーに憧れ、そしてプレイヤーが使うAMP(アンプ)を廃品を使って作っていた。だからその子がインプットジャックがあるプレイヤーと知ると、非常に興味が湧く。だがあの村長がやって来て、エコヲがここにプレイヤーを連れ込んだと言ってその子を見るなり追放しようとする。村長に言わせるとここがこんな廃墟になったのはプレイヤーが戦って破壊したからで、プレイヤーも災厄の原因だと言う。

だがエコヲの母のスエルがうまく誤魔化してその場は切り抜ける。二階でエコヲはその子をに自分の作ったAMPを見せるが、エコヲはそれをその子にあげると言う。何で?一緒に戦うんじゃないの?とその子は聞き返すが、エコヲは自分はしがない廃品拾い。プレイヤーと同じ世界に居られないと決めつけている。さっきあんなに熱く憧れを語ったのにそれは何だとその子は怒って出ていってしまった。

しかしその翌日、久しく出現しなかったミミナシがこの町に出現。人々は為す術もない状態で、エコヲはあの子が一人で駅に居るとスエルに教えられて背中を押されてAMPを抱えて向かった。

その子にAMPを渡す寸前、エコヲはミミナシの崩した瓦礫の下に落ちてしまう。ここで死んでしまうのか。最初は仕方ないと思ったエコヲだったが、すぐにこれで死ぬなんて未練が残る。どうしても生きたい。その叫びがあの子とAMPに届き、あの子はエコヲのAMPを挿してロボットを出現。ものの見事に一体で出現したミミナシを片付けてしまった。
参考資料

だが、その結果としてモニュメントを倒して、村長からどやされる前に二人はこの町を脱出。エコヲは最後に拾って付けた真空管にμと書かれていた事からその子にミュウと名付ける。

なかなか面白い世界観。変なレールはあったけどw

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

八男って、それはないでしょう!・第1話

Wikipediaをみたらなろう系の小説が原作だそうで、なろう系の転生作品。
もう散々やり尽くした感があるが、この作品は転生先でサラリーマンだった主人公が貴族の息子として生まれ変わると言う物。生まれ変わる方法に何の工夫も無く、寝て覚めたら異世界だったでござるの巻。

貴族の子息ならまあ良いかと思った主人公の一宮信吾(転生後はヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター、愛称はヴェル)だったが、最初に見たのは長男のハレの結婚パーティーだからこその豪華な会場と食事で、普段は途方も無い貧乏暮らしだった。それでも三男なら(会場では長男ともうひとりの兄としか会わなかった)おこぼれがと思ったのに、実は八男だと発覚。しかも成人したら食い扶持を減らす為に家を出て行かねばならない。

これは人生詰んだと思ったヴェル。何かどうにかする方法は無いだろうかと思っていた所に、父の書斎(父の?字が読めないと言っていたから別の誰か?)で水晶玉の様な物を発見する。転生先の言語は都合よく日本語だったので添付の書類も読めて、読んでみたら魔力を持っているかどうかを判定する玉らしい。信用してなかったが、取り敢えず試してみたら玉が虹色に輝く。自分に魔法の素質がある?しかし説明書には魔力を持っている者はそれなりの練習をして魔法が使える様になる。完。と書かれていて、どうやったら練習出来るのかが分からない。書庫を全部漁ってみてもそれらしい本が無くて、これじゃ宝の持ち腐れ。

そう思った所で父が森に薪拾いに行けと言うので、森へ。するとそこにさっき魔力のテストをしたのを感知したと言ういかにも大魔法使いな感じの、アルフレッド・レインフォードが出現。この彼がヴェルに魔法の手ほどきをする。
参考資料

突進して来たイノシシの怪物に対して手をかざさせて少しの暴風を出させる事に成功。しかしその程度ではイノシシは倒せず、またも突進して来たのをアルフレッドはちょいと手を動かしただけで凄まじい風が生じてイノシシを吹き飛ばし、木を何本も薙ぎ払う程に投げ飛ばして片付けた。

これでヴェルに漸く将来の光明がさして来た。これならやがてヴェルも大魔法使いに…と思ったのに、アバンのヴェルは魔法は使える様になったけど、未だ一介の地方貴族みたいだね。魔法が使えるなら、本好きの下剋上のマインみたいに現代日本の知識で金儲けは思いのままなんじゃないの?

だって化学肥料も農薬も作れるでしょ。そうしたら農業生産を飛躍的に増大させる事が出来る。もうそれだけで他国を圧倒する国力ですよ。魔法が使える貴族なら。これ、逆にどうしてこんな程度でくすぶっているのかを知りたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

かくしごと・第1話

何度も流れる番宣でどんな内容でどんな雰囲気で、しかも絶望先生が主役wと言うのは何となく分かっていた。

いい意味で期待通りで、絶望先生な漫画家の後藤可久士が愛娘の姫に自分の仕事をひた隠す、その過程で様々な事件が起きる、と言う話。

可久士が何故愛娘の姫に自分の仕事を隠したのか。姫が生まれた時にカルテを見た医師が可久士の名前を見て「あなたは漫画家の後藤可久士さんじゃないですか!」と言い、看護師が「あのエッチなマンガの!」と言ったので、これは姫に知られてはならない、姫の父がシモネタ漫画家だと知られたらいじめられてひねくれた子に育ってしまう、とひた隠しにする事にした。
参考資料

だから目黒区の家を出る時はスーツで出かけるのに、区境の店でラフな格好に着替えて仕事部屋へ向かう。スーツでは漫画を描くノリが得られず、当初は全裸で描いていた位だったのだ。

Wikipediaを見たら冒頭の鎌倉の家は可久士が完成した原稿などを隠すために借りた家。18歳になった姫が何故かその家の鍵を手にして中に入ってみた…と言う事なので、姫が18歳になる迄は隠し通せたのではないか。そして姫が一人でそこに行ったと言う事は可久士はその頃どうしてるのか。さらには姫の母は今はどうしてるのか。家には居ないみたいだが、でも亡くなったみたいな描写は無かった。

ともかく、久米田アニメらしさがちゃんと出ている上に神谷浩史さんが主役とあっては、これは今期楽しく見られるに違いない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

球詠・第1話

武田詠深と山崎珠姫は幼い頃にカラーボールで遊んでいて詠深が驚くべき変化球を投げた事で、大人になって硬球でこんな球が投げられたら一緒に野球しようと誓い合った。そして高校に入って二人は再会する。

前期にやった恋する小惑星と同じ様な構図だった。だが恋アスが再会してすぐに幼い頃の約束に邁進したのと違って、こちらはスポーツ物にありがちな「昔はやってたけど、もうやめたんだ」のパターンだった。

だが詠深が偶々隣の席の川口芳乃が週刊 を見ていたので声をかけたのがきっかけで野球マニアの芳乃が詠深の手を触ってこれはかなり使い込んだ投手の手だと迫って来る。そこにやって来た双子の姉の息吹も同じく野球マニア。この二人に引きずり出された廊下で詠深はあの珠姫と再開し、しかもマニアの芳乃が名前を聞いただけであの名捕手の珠姫さん!と言うから再開を機会に二人でキャッチボールをする事になった。

珠姫に何球か投げてみた詠深だが、珠姫からはいい球だけど普通と言われてしまった。変化球を投げても良いと言われて「投げていいの?」と聞き返した詠深が投げた球はバッターとして立っていた息吹の顔面をめがけて飛んだボール。すっぽぬけか?と思ったが、それが驚異の変化をしてちゃんとストライクゾーンに入り、それを珠姫が捕球する。流石、名捕手と言われただけの珠姫だった。

こんな魔球を持っていてどうして一回戦負けなのかと不思議に思った珠姫。実は詠深は懸命に練習してこの魔球を会得したが、同じチームの捕手が魔球過ぎて捕球出来ない。いつも捕逸して振り逃げされるので「あんな気持ち悪い球投げないで」と言われてしまった。詠深の入ったチームが悪かったのだ。それで「もうやめたんだ」なのだ。

でも珠姫は何度投げても捕球出来る。そして息吹が今度こそちゃんと球筋を見ると言って完全武装してバッターに立った時の魔球はこれまで以上にするどい物だが、珠姫はこれも捕球出来る。もうやらないと思っていた詠深だが、こんなに楽しいのならまた野球やりたいと呟く。
参考資料

廃部からのスタート、八月のシンデレラナインですね。

話は此処までだとありそうな話ではあるが、それ以上にどうなんだこれはと思ったのが作画。作画崩壊とかそう言うのとは違って、今世紀初頭の深夜アニメの絵を見ている感じだった。第1話なのに。どうなのよ、この絵はと思った所に、原作のキャプチャのツイートが流れて来て、原作の絵は凄いの。アニメーション制作、どうにかならなかったんですかね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

神之塔 -Tower of God-・第1話

神之塔がある。そこに登れば何でも思い通りになる。神になれる。
だから金だの名誉だの求めて塔に登る人間はいるだろう。

だがラヘルは違った。後から出てきたが星と言うものがあると聞いたのでそれを見たくて登ったのだと。そしてラヘルが居ない世界なんて存在しないみたいな夜がラヘルを追って塔へ。選別者でもないくせに塔に来たのかと、先住民のお姫様みたいな人が言い、知らないのを良いことに随分と過酷な試練を与えるじゃないかと、いかにも胡散臭い声の大塚芳忠さんのヘドン=塔の管理者に文句をつけた。
参考資料

しかし夜は頭がいかれていると言うか、とにかくラヘルの居ない世界はありえないので聞く耳を持たずに蝶うなぎの居る中へ突入しようとする。仕方ないからと姫さんは一振りの刀、黒の三月を貸し与えた。

姫のお付きの奴は色々な事を知っていて、蝶うなぎに対抗するには恐怖心を捨てて飲み込まれるしかないのだそうだ。夜はそれをやってのけるが、中のボールが砕けない。そのうちに一度動けなくなった蝶うなぎが復活。僕をタスケテと言う願いに黒の三月が応えた。

夜はボールを砕いて次の階層へ進んだ。自分がいくら呼んでも応えなかった黒の三月は単なる男好きだったのかと嘆く姫さん。

そして次の階層では、今度は400人のプレヤーが居て、200人に減った段階で次の階層へ進めると言う。何だか素人っぽいナレーションだったけど、誰?

200人に減らすったら短絡的に殺し合いになって、戦闘慣れしていない夜に、今度は黒の三月は応えてくれなくて、はて、どーすんのか。

ちょっと好みの内容じゃなかったし、OPもEDも好きじゃなかったし、絵も好きじゃなかった。次は見ないと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

令和2年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表

令和2年春アニメで第1話は少なくとも見る(かもしれない)アニメのハッシュタグの一覧表。なお、リンク先はデータサイトとしてしょぼいカレンダーの各番組ページとしている。
参考資料

作品名ハッシュタグ
オリンピア・キュクロス
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE
プリンセスコネクト!Re:Dive
邪神ちゃんドロップキック’
フルーツバスケット 2nd season
放課後ていぼう日誌
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでられません 第2部
神之塔 -Tower of God-
BNA ビー・エヌ・エー
かくしごと
球詠
八男って、それはないでしょう!
富豪刑事 Balance:UNLIMITED
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完
天晴爛漫!
新サクラ大戦 the Animation
食戟のソーマ 豪ノ皿
とある科学の超電磁砲レールガンT.
LISTENERS リスナーズ
波よ聞いてくれ
アルテ
かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~
イエスタデイをうたって
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
ミュークルドリーミー
りばあす
継つぐもも
グレイプニル
社長、バトルの時間です!

使い方のイメージは、アニメを見ていてふとスマホでそのアニメについてツイートしたくなったり情報を見たくなったりした時に、バラバラになっていないでここにさえ来ればそれが出来ると言うページ。

各作品のTwitter公式アカウントの推奨ハッシュタグを載せているが、公式アカがプロフィール欄で言及せずになんとなくツイート内で使ってたり、公式アカが使ってないけどRTした関連アカが使ってると言うのもある。出来ればちゃんと推奨して欲しい。以前からの繰り返しになるが、これは私の為ではなく、作品を見るみんなの為に。


※東京圏以外の人がネタバレ回避の為に放送日にハッシュタグでミュートしてる方々がいます。放送日に内容に関わるツイートをする時はなるべくハッシュタグを付けましょう。

|

異世界かるてっと2・第12話・最終回

シンデレラ始まりました。
始まりましたが、どう見てもキャストミス。シンデレラが全然可愛そうでなくて姉が情けない。デミウルゴスだけ適役w
参考資料

シンデレラにバケツの水を浴びせられて喜ぶ姉を眺めながら、レムが外の状況を心配する。しかし母親役のシャルティアはアルベドなら大丈夫だと太鼓判を押す。何しろ怪力で大口ゴリラと言うのは嘘ではないと。

デストロイヤーとの戦いの方では確かにアルベドが全身してデストロイヤーを手で止めた。なんだかシャルティアに悪口を言われた気がすると言いながら。今回ここから舞台シンデレラとデストロイヤー戦がシンクロするんだな。

アルベドがデストロイヤーを素手で止めている間にヴィーシャ達が攻撃に入る。戦術指揮は戦争慣れしているヴィーシャ。アクアに大量の水を出してデストロイヤーに浴びせるのは大丈夫かと聞くと、アクアは水の女神なんだからそんなのお茶の子さいさいよと。同じ頃舞台の方では大魔法使いめぐみんがカボチャを馬車にするのなどお茶の子さいさいよと言っていた。今どきそんな事言うかと思ったカボチャの馬車になる面々。ここの脚本を書いたのはエミリアだと納得。

お茶の子さいさいでアクアがデストロイヤーに莫大な水を被せる。そしてエミリアが凍らせて足の動きを封じた。その時、エミリアは詠唱とかをしないとならないのかと思うが、パックがそんなもの今は忘れろと。同じ頃、舞台ではめぐみんが長い長い詠唱をして中のターニャ達が焦れていた。

動けないデストロイヤーをみんな(アクアを除く)で攻撃。それを見たラフタリアとフィーロが助けるべきかと思ってるところをヴィルヘルムが良いこと言おうとしたのを最初の言葉だけ聞いて参戦。

ちょむすけとデスナイトもその戦いを見て、これは参戦せねばと思ったが、荒くれ者がやめておけと。あれは女の戦いなのだと言う。でもちょむすけって雌らしい。えー「すけ」ってついてるのに?

一方舞台の方ではみすぼらしい馬車出現。誰がみすぼらしいだとターニャが文句を言うと、完全に驚いたかの様にラムが「馬車が喋った!」。そしてそのみすぼらしい馬車に乗ってラムは王城へ。へっへっとしか言わないシンデレラ。もう舞台の成功はデミウルゴスに祈るしか無いレルゲンさん。

動けなくなったデストロイヤーは自ら足を切断してその中からミサイル発射。ミサイルはアクアめがけてホーミングするので逃げ惑うアクアをアルベドが守ってやった。好きな方の為に戦うアルベド。これぞ愛。そして舞台の上でもシンデレラを見て愛をささげるレム王子。

沈黙したかと思ったデストロイヤーだったが、強大なエネルギーを発射。これをヴィーシャとアルベドが必死で防ぐが限界が近づいたところでラフタリアが剣で吸収して跳ね飛ばした。最後はアクアが渾身の一撃をデストロイヤーへ…と言う場面はシンデレラのクライマックスシーンで背景へ。
参考資料

こうして無事に学園祭が終わったのに、学校は何も変わらない。アインズ様が予言したとおり。でもロズワール先生によると積み重ねが未来を変えるとも。

その甲斐あって、続編制作決定w

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

桜の季節の舞台探訪・女子高生の無駄づかいの空堀川と多摩湖自転車道と東村山中央公園

川越まで来たら電車で一本の久米川に行かない手はありません。
第9話でマジメの家からの帰り道に三人が立った空堀川にあるふれあいばし。
参考資料
参考資料 ご覧の通り空堀川左岸のアパート群の前は桜並木なのです。
昨年9月に行った時に歩きながら「おや?これは全部桜の木ではないか」と思って、春になったら是非行こうと思っていたのです。

桜並木の方に行くとこんな感じです。右にチラと見えているのがふれあいばしです。
参考資料

八坂駅の方へ移動して「今から凄い事言って良い?」のベンチです。
逆光なので分かりにくいですが、桜の木の下です。
参考資料
参考資料

少し離れて凄い事言って良い?ベンチ全体を見るとこんな感じです。
参考資料 多摩湖自転車道は様々な桜の木が植えられていて、必ずしも全部が同じ様に満開になっている訳ではありませんでした。もう満開を過ぎた木もあればまだまだの木もありました。多分自転車でずっと走れば楽しいのかも。

そして東村山中央公園です。
参考資料
参考資料 広場の周辺はかなり桜の木が多かったんですね。

滑り台の所にも桜の木が沢山。
参考資料
参考資料

園内はこんな感じです。
参考資料 飛鳥山公園みたいに高密度で桜の木が植わっている訳ではないです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

桜の季節の舞台探訪・月がきれいの新河岸川

折角の通院休暇で川越に行くのですからここにも寄らないと言う話はありません。
思えば3年前の4月8日、この日が休日と桜の満開が合う唯一の日と言う事で、曇り空にもかかわらず訪問したのです。その時に「また今度晴れた日に来たい」と書いたのがやっと実現出来ました。

新河岸川の氷川橋です。
参考資料
参考資料

そして桟橋が見える上流方向。
参考資料
参考資料 青空が映って美しい。

今年は青空と言う事で、新河岸川の桜並木をゆったりとブラブラしました。
参考資料 参考資料 船に乗って花見をする事も出来ます。
参考資料

新河岸川の桜は満開をほんのちょっとだけ過ぎて少し花びらが落ちてる状態でした。
川岸に桜並木がある場所はいくつもありますが、やはり静水に近い水面の方が綺麗ですね。これ、花が散っても花筏になるし。

伊佐沼入口と川越氷川神社の間は川越06系統で4バス停です。
両方一緒に行きやすいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

«桜の季節の舞台探訪・恋する小惑星の伊佐沼公園